嬉しい出来事が2つ

1月22日の事ですが
嬉しい出来事が2つ同時に起こるものなんですね

そのうちの1つは、最初の1歩みたいなもので
まだ形にはなっていません……

あと一つは
私が操船を請け負っている遊覧船が
22日発売のマンガに描かれている事です

しかし昨日22日は東京、横浜では大雪の予報が出ていて
本屋さんに見に行く事ができませんでした

私も前日まで知りませんでしたし
作者さんが船にご乗船された事も気が付きませんでした
ちょうどお花見クルーズを運航していた頃の事なんですね

最近はニュースで紹介されました、とか
雑誌で紹介されました、とか
ブログに書く事はしていなかったのですが
マンガには船長さんとして似顔絵が1枚載っていて
絵になった自分というのが嬉しかったので書いてみました

「ダーリンの東京散歩」
本屋さんで探してみてください

水面上の電柱

独りでぶらぶらっと出かけるのが好きなんです
美味しい空気を吸ったり、風の音を聞いたり
日差しの暖かさを感じたり

このところ毎年、知っている方が亡くなられたりして
いろいろ考える事がありました
人というのは結局この世を去る時は必ず独りなんだと

いつも誰かに良く見られていたい、注目されたい
比較して、どちらかと言ったら自分の方が豊かだと思っていたい
惨めな生き様ですね

そういう人間は息が止まるその瞬間に
何と言ってもらいたいんでしょう?
「よくやった、これまで、あなたは欲しい物全て手に入れた!
でも、この瞬間全てを置いて行ってください……」

誰一人として例外なく死ぬんですよ
生きている時にどんなに豊かだと自分に言い聞かせても
死ぬときは誰もが独りです

同じように土に還る人間、灰になる人間に優劣はありません
何を成し遂げてもただの灰です

 

先週、以前から気になっていた
海岸の水面上に電柱が並ぶ風景を見に出かけました
場所はアクアラインを渡って少し南へ行った江川海岸にあります

この時期ですと潮干狩りの季節ではありませんから
閑散としていて車を停めるスペースも余裕があります
その日、平日のお昼でしたので私以外に2台ほど停まっていました

江川海岸からは海沿いを歩いて久津摩海岸にも行かれます
そこにも同じように海に向かって電柱が立っています
不思議な光景です

ネットなどで検索すると写真など出てくるのですが
風のない日ですと鏡のようになった水面にも電柱が映るようです
少し霧なんてかかったら幻想的でしょうね

密猟の監視小屋に電気を送る為とか
役目も終わったので間もなく撤去されてしまうかも
のように記事には書かれていますが、定かではありません

江川海岸をグーグルマップで航空写真にして見てみると
明らかに海の色が濃くなっているところがあって
恐らくその濃い青色の筋は水深が深いようです

江川海岸から沖へ向かって電柱が並んでいるのは
まさにその水深が深いであろう場所に沿っているので
漁港へ入港する際、電柱が目安になりそうです

なので、そんなに早く撤去されないのでは?と思ったのですが
もし撤去されてしまったら
替わりに夜になると点灯する灯標など建てると良さそうです

……良さそうです……
あくまでも私の希望ではありますが
それはそれで綺麗な夜景になるような気がします
見てみたいです

あまり話されない事

元から都市部に住んでいると
周囲には地方から出てきている人や、その二世が多く
普段の生活の中でも雑多な価値観に囲まれているようにも見えます

ところが実際は上京して生活をする事に
ステータスを感じるように搔き立てられている人がほとんどで
思考や振る舞いが同じような人達ばかりなのが実状です

地元の人間からすると身近に家族や身内
昔からの知り合いがいるので
困った時は特に条件など無くお互いを助け合う事が普通です

外部からこちらへ出てきている多くの人達は
通常は組織に属して、その壁に守られて
肩書を与えられることによって安心感を得て生活しています

ですから「ギブアンドテイク」で
「ビジネスライク」な付き合い方が一般的……
何かをするにも、してもらうにも条件や制限が多いのです
感謝や見返りを当然のように求めます

もし感謝や見返りが求められない状況であれば
事務的というよりむしろ意地の悪い事をされるのが目に見えています

ですからお上りさんとビジネスをするものではないのです

私がよく周囲の人に話す事で
「言われてみればそうだ、なるほど!」と言われる事の中に
「元から都心部にいる人達は比較的良いお客さんが多い」
という事があります

地方からのお客さんでも
こちらに住む気もさらさら無く、ただ観光で来ている人達は
謙虚で落ち着いた人がほとんです

ところが、ここ最近出てきて都心部に居座ろうとする人達はなぜか
本当にどういう訳か、特別扱いされたがる人間が多いのです

それで元から都心部にいる人達がお客さんになるかと言うと……
都会の人はスカイツリーにも東京タワーにも上りません
ですから観光ビジネスとしてサービスを提供する機会は
ほとんどありません

理不尽なクレーマーのような人がいる場合
ちょっと本籍地を調べたりすると「あ、やっぱり」
という事ばかりです

(もう少し具体的に)
どこかの会社のある部署でチャータークルーズの貸切がありました
上司が部下たちを引き連れて船上パーティーなのでしょう

「田舎もん」で場慣れしていないのか
どんちゃん騒ぎをして、飲み食いしたもので汚すし
オマケに他の船に飲んでいる最中のビールの缶を投げ付けたり
そんな事もあります

私も近くで話を聞いていたので
そのお客さん、特に若いのは男も女も
田舎から出てきてこっちで就職した人達と知りました
止めない上司もそうみたいですね

一番質(たち)が悪いのは
知り合ってからも日が浅いのに常連面や
「〇〇の知り合いで……」と特別扱いされたがるお客で
そういった人の生まれも……

ここに書いた事は全ての人に当てはまる
という事ではないのは当然ですが
ちょっとしたタブーの為、あまり話される事がありません

ですから少ない例外に出会うと
とても感謝の気持ちが湧いてくるものです
そうした人達とは親しくなる事も多く、大切にしたいですね

あけましておめでとうございます

素晴らしい1年の始まりですね

これまでは世の中があまりにも不適材不適所すぎて
鬱屈した先の見えない生活を
いつまでも強いられている感覚だったかもしれません

知ったような顔した人間が
「正直者が馬鹿を見る」とほのめかし
表と裏を使い分けて他人を利用する者が勝ち組になる
と刷り込もうとします

そうした「正直者が馬鹿を見る社会」を
体現しようとしているのでしょうか?

「根拠の無い自信を持て!」
その言葉は本物には通用する事はありません

まず・・・こんな不細工な顔した日本人が
着飾って外車を乗り回して気取っても
まるで「ちんどん屋」です

何を勘違いしているんでしょう

結局カッペは煮ても焼いてもカッペで
どんなにおシャレなカフェでタブレットやノートPC広げても
茄子やカボチャ、ジャガイモが
「都会人ごっこ」をしているようにしか見えません
事実は変えられません

不細工やデブやオカマを非難したり存在を否定しているのでなく
正直に言います

不細工である事を誇りますか?
デブやオカマである事を誇るんですか?

諺(ことわざ)にもありますね
「お上りさんは物理的にも高いところに登りたがる」
私も最初は
カッペは高層マンションに住みたがる事を指しているのかなあ
そう思いましたが精神的な事も指しているんですね

劣等感を裏返して
自分のエゴを「個性」だと言って押し付け
優れた人を貶めて優越感に浸る
そうした事ができる人間が勝ち組だと言いたいのでしょうか?

決して誇れない事
むしろ恥ずかしい事を自分のセールスポイントにして
「根拠の無い自信を持て!」と・・・
そうした輩たちがお互いをヨイショしあう
そんな風にしか見えません

「ありのままの自分でいい」ゆとり教育が
極端に走ってしまい、ゆとり社会になっていませんか?

偽物というのは
どうこねくり回しても息絶えるまで偽物です

本物というのは
自分の生まれ、外見、性的嗜好など全て受け入れて
認めて、自分の中に落とし込んで
謙虚に振る舞える人を指します

決して上から物言うような口の利き方や
横柄な面構えや、えげつない言動はしないものです

いつまで勘違いをしているんでしょう?
毎朝、自分の顔をちゃんと鏡で見る事から始めないといけませんよね

これまでは勘違いした人間が
街中でデカい顔して歩いているのを見ていて
居心地の悪さを感じませんでしたか?

今年は本物が活躍し始める最初の年になるような
そんな予感がしています